久方振りの100円ディーラー

久しぶりに、そばの100円ところへ手芸設備を買いに行きました。前は毛糸を買いにしばしば入っていた時機があったんですが、御無沙汰していました。

前は手順降りて一気に所にあった筈…だったのところが、降りてみたらありません。胡散臭いな~と思ったら、裏手の壁際徹底、100円ところに変身してました。つまり、店舗が移って、広~くなっていたんです。言わば、前より明るくなった気持ちもしました。

手芸設備店舗には、また色んなものがたくさん並んでいました。僕はスパンコールを買いに行ったのだが、早速目移りが始まりました。前もって、金額って銀のラメパウダーをカゴに入れました。そうしたら、エクステリアパールという、ちっちゃなパールの粒で星や心やリボンのルックスとして生じるものもカゴに…。それから、デコパーツのお花。色んながたいのエッジものの白いお花の装飾もカゴに。

も、今一棚が狭苦しいな~なんて思っていたら、横で見ていた女性が棚をスライドさせました。発表棚には、深層が2列あったのだ。僕が傍らから珍しみたいに覗いていたら、その女性はどっかへ行ってしまいました。落ち着かなかったのでしょうね。久しぶりで、キョロキョロして申し訳なかったです。

その地点で、元来の事項はスパンコールだったのを思い起こし、背後の飾り棚にわたって生じるスパンコール準備をカゴに入れました。100円で、大いにのかさが入っていて、人生食い分ぐらいありそうでした。

なのでレジに行きましたが、著しい長蛇の列でまた感激でした。100円ところ、一丸おもしろいんですね。レジの輩のお名前が、激しいおめでたい苗字なのも怪奇でした。(紅白みたいなお名前でした)ソーシャルレンディング 2ch